仕事を知る

Planner プランナー

そのゲームは、
本当におもしろいか?
徹底的に考え抜き、
最高のコンテンツを創る。

開発するソーシャルゲームのスタート地点となる企画段階から業務に携わり、マーケットの動向や社内外メンバーの状況などを把握しながら、プロジェクトを先導するのがプランナーの役目です。大切なのは、開発しているゲームが「なぜ、どのように、おもしろいか?」を徹底的に考え抜き、追求すること。そして、ゲームの完成イメージを明確に描き、プロジェクトメンバー全員が共有できるように論理的に説明できるかということ。
ユーザーが実際にプレイするその日まで、熱意とこだわりと責任を持って制作進行することが求められます。ゲームのリリース後もデータ分析をはじめ、ユーザーの声やゲーム市場のトレンドに合わせた改善、新規企画などを考案。常に最高のコンテンツであるための、アップデート作業が尽きることはありません。多岐に渡る業務と重責を担いますが、試行錯誤を重ねた成果が称賛となってユーザーから返ってくる。その瞬間の喜びは、とても大きなものとなるはずです。

仕事の流れ Planner

ゲーム企画を考案

世界観やキャラクター設定、ゲームのシステム設計、ゲーム内演出など、ゲーム企画をプランニング。

各セクションに伝達

企画したゲーム内容をもとに、イラストレーターやデザイナーなど各セクションに制作を依頼。

デバッグ&テストプレイ

出来上がったものに対して修正や調整を指示しながら、テストプレイを繰り返してリリースする。

社員インタビュー Planner