仕事を知る

Works

自分の考えを 具現化して ゲームの魅力を 裏側から支えていく

2012年入社 / M.Y

エンジニア / マネージャー

福井工業高等専門学校卒

わたしの仕事

現在テクロスで開発しているゲームは2Dがメインですが、3Dゲームの開発を目指し、研究プロジェクトを発足。エンジニアのマネージャーとして、技術的にはどのような知識や作業が必要かを突き詰めながら、研究開発している段階です。社内では3Dゲームに対するノウハウが蓄積されていないため、全てが初めての作業になります。技術の進化が目まぐるしいゲーム業界において、そのスピードに遅れることなくテクロスならではの新しいゲームを創出する仕事は、とてつもなく重要なミッション。これからの事業の命運を握ると言っても間違っていないと思います。

仕事のやりがい

イラストレーターやアニメーター、デザイナーなど、いろんな分野のスペシャリストと試行錯誤を繰り返しながら、本当におもしろいゲームを突き詰めて作ることが、仕事のやりがいの原点にあります。エンジニアなのでイラストは描けませんが、ゲームの作り方、ゲームの速度、使用する言語やサーバーといった幅広い領域を任されているのが、エンジニアです。また、それらを駆使し、ゲームに命を吹き込むのがエンジニアの使命だと思っています。ゲームの魅力を裏側から支えるこの仕事には、あらゆる事象を検証した上でプログラミングし、“バグがなく美しく動かす”という特有の快感もあります。それはまさに、具現化した自分の考えが、ユーザーの体験と直結しているということ。求められるハードルが高ければ高いほど、1人のエンジニアとして燃えますね。

これからの
チャレンジ

スキルを高めていくことはゲーム作りに携わるものとして、当たり前の目標として常に存在しています。スキルの高さは、クリアできる問題の難しさとも確実に比例しますからね。でも、マネージャーという立場でもある今は、プロデューサーやプランナーとより深いレイヤーでのコミュニケーションが大切だと実感。考えの意図をどれだけ深く汲み取り、制作に反映していけるか。言わば、自分のファーストチョイスの成否で、プロジェクトのスケジュールも、クオリティも、モチベーションも変わってきます。そういった技術以外のマネジメント力も伸ばしていくことが、自分の成長にもつながるチャレンジですね。実は最近始めたんですが、他社のエンジニアと交流会を実施して、意見交換するようにしています。いろんな刺激や発見もあるので、仕事に活かせることはどんどん取り入れ、テクロスで働くエンジニアのクオリティや意識をさらに高めていきたいと思っています。

求める人物像

面接時には、オブジェクト指向の考え方を持っているかをいつも確認するようにしていますね。専門的な技術や知識も本当にたくさんあるので、全てをカバーできるとは最初から思っていません。まず、基本的に備えておいてほしいのが、「自分で書いたコードがなぜ動くか?」を理解しておくこと。エンジニアにおいて、偶然や奇跡を求めることはタブー。理解もせずに動いているコードは、必ずバグを起こしますし、仕事に対する責任感を放置していることにもなります。ゲームの運用中は、誰がさわっても分かりやすい丁寧なコードをチームに求めているため、就活の際にその点も意識した作品を提示するようにしてください。自分のコードを理解して分かりやすく書けていれば、どんどんスキルを上乗せしていけるはずですから。

スケジュール

業務の様子
10:00出社。社内の共有チャットを確認し、今日のタスクをチェック。
11:003Dゲームの研究プロジェクトの打ち合わせ。いくつもの検証を重ねる。
12:00いつも愛妻弁当を持参。たまに同僚とランチに行くことも。
18:003Dゲームの研究。エンジニアのリーダーを集め、各プロジェクトの業務を確認。
19:00明日のタスクを整理し、退社。

オフの日

子供が砂浜で遊んでいる様子

4歳の長男と遊びに出かけたり、一緒にお絵描きしたり、オフの日は子どもの成長を思いきり楽しむ。