仕事を知る

Works

いろんな局面で 適切な設計を チョイスできる エンジニアでありたい

2015年入社 / H.Y

エンジニア

カリフォルニア大学サンタクルーズ校GAMES AND PLAYABLE MEDIA卒

わたしの仕事

『UNITIA 信託の使徒×終焉の女神』のエンジニアチームで、主にサーバーサイドの開発を担当しています。プランナーと打ち合わせを重ねながら、要件や求める機能からどんな効果を生み出したいかを確認し、実現できる最善のシステムを提案。その際、システムは自分だけのものではないことを常に意識するようにしています。コードはエンジニアチームのみんなが見るものだからこそ、運用後を想定した分かりやすいコードを書くことが、ゲームを作るエンジニアの重要なファクター。運用しやすいコードなら、機能を追加しやすく、アップデートもしやすいですからね。ゲームをより良くする要因を、エンジニアは担っていると思います。

心に残った仕事

書いたコードがバグもなく正確に動き、ゲームの中で機能している瞬間はやっぱり嬉しいですね。自分の理論が当たっている証ですし、ユーザーの盛り上がりを実感するとなおさら。以前、シンプルなシステムとはいえ、急対応を求められて2時間でコマンドを作ったこともありました。もちろん分かりやすいコードで、サーバーへの負荷も考慮しながら。決してスピードだけが重要な仕事ではありませんが、ユーザーには見えない部分で積み重ねていく努力とこだわりがゲームを動かす力になっているなと思います。また、プランナーの要求する仕様はあくまでも理想なので、言われたまま実装することが正解だとは限りません。ゲームのおもしろさには明確な指標が存在しないため、プランナーとエンジニアの両者があらゆる可能性を追求することで、これからもたくさんの心に残る仕事が生まれてくると信じています。

これからの
チャレンジ

新しいコード設計のパターンを考えることも、先輩が書いた分かりやすいコードを研究することも、AIの勉強も、今の私にとっては必要なことばかり。エンジニアとして試したい技術だって、たくさんあります。大切なのは、あらゆる状況下でいかに適切な設計をチョイスできるエンジニアになれるかです。そのためにも、自分のスキルとともに知識や見識を増やしていきたい。今は、サーバーレスのサービスを検証したいと思っています。コストや負荷を下げることができるので、オペレーションのロスも低減するはずだと。これはどの職種にも言えることですが、探究心がないと成長することは絶対にありませんからね。私は、どんどん試してどんどん成長し続けるエンジニアでありたいです。

就活のアドバイス

オブジェクト指向の考え方は、基本的なこととして必要です。また、設計パターンをいくつも知っているよりも、「このパターンなら何がメリットになるか、何がデメリットになるか」を理解している方が重要だと思っています。設計パターンを乱用することは決して良いことではなく、パフォーマンスの低下にもつながるもの。エンジニア志望の人は、在学中に勉強している時から、システムへの理解を深めるクセはつけておくべきですね。自分でコードを書いたデモはもちろん必須。私もそこまで高いわけではありませんが、自分のコードをしっかりと説明できるだけのコミュニケーション能力は、磨いておくことをおすすめします。

スケジュール

ホワイトボードを確認している写真
10:00出社。今日のタスクを確認し、コード設計に着手。
11:00エンジニアチームのデイリー会議。書いたコードを説明し、議論する。
13:00お弁当を持参したり、近所でランチすることもしばしば。
14:00同僚エンジニアのサポートやプランナーと打ち合わせ。
19:00自分が担当するコード設計を終え、退社。

オフの日

サイクリングした時に撮った記念写真

彼氏と趣味のサイクリングを満喫。先日は亀岡まで遠征して、現地の人気店で食べたハンバーグのおいしさにビックリ!