仕事を知る

Works

アニメーターの クオリティを 最大限に 引き伸ばしていく

2014年入社 / Y.T

アニメーター / ディレクター

大阪デザイナー専門学校コンピュータグラフィックス学科卒

わたしの仕事

『UNITIA 信託の使徒×終焉の女神』のアニメーションチームのリーダーとして、開発や管理業務を中心に取り組んでいます。クオリティをしっかりと担保しつつ、アニメーターたちが高いモチベーションをキープしてどれだけ楽しく作業できるか。そんな現場環境を整えるための土台作りが私の仕事です。要件によっては制約が厳しいものもあるため、アニメーターの自由度を少しでも高められるような仕様を提案したり、アニメーターの得意分野や成長させたいスキルを考慮したうえで仕事を割り振ったり。自分の思考と行動ひとつで、アニメーターにもゲーム全体にも影響を及ぼしてしまうので、常にいろんなセクションと最適なカタチで連動できるように立ち回っています。

仕事のやりがい

ゲームにおけるアニメーションは、ユーザーの感情に直結する技術です。エフェクトや動きのテンポが気持ち良くハマるとプレイ中の楽しさは増しますし、クオリティが低いものだとユーザーからすぐに見放されてしまいます。そういった重責を意識して、あらゆる場面でアニメーターたちのクオリティを最大限にまで引き伸ばしながら、ユーザーが興奮するアニメーションが生まれた時は、本当に仕事のやりがいを実感。だからこそ、先を見据えた判断が重要になってきます。また、イラストレーターから魅力的なキャラクターがあがってくると、「自分にやらせてください!」と手を挙げるメンバーが多く、可能な限り割り振るようにしています。見た瞬間にアイデアが広がっている人に任せることで、クオリティもスケジュールも思い通りに進むもの。そんな状況をいつも用意できるかが、リーダーとしての力量のひとつかもしれません。

これからの
チャレンジ

クオリティの高いゲーム制作に貢献していくためには、まだ知識が足りない部分もあるので、実務で役立つことは積極的に取り入れていきたいと思っています。マネジメントの部分においても、どうしたらもっと潤滑に進むか、より無駄をなくせるかと、常に改善点を模索している状況です。ゲーム制作にはチームワークが本当に重要なので、人間関係やモチベーションの側面からも、アニメーションチームのカンフル剤でありたいなと。そして、「テクロスがまだ手がけていない新しいジャンルのゲーム制作にも挑戦していきたい!」という、野望も抱いています。

求める人物像

クオリティが追求でき、与えられた要件の中で常に新しいことを提案できる人。まだ誰もしていないことを見つけ、キャラクターの個性をどんどん広げられる人。これが、私の考える理想のアニメーター像です。もちろんハードルは高いですが、ポートフォリオ制作の参考にしてもらえればと思います。また、就活中は自分のスキルと入社後のやりたいことを明確にしておくことも大切です。あなたの意志表示を作品の中に思いきり込めてください。

スケジュール

仕事をしている様子
10:30出社。メールをチェックし、各アニメーターのスケジュールを確認。
10:50チーム内のデイリー会議。上司からのフィードバックやシステム変更の場合は仕様報告も。
13:30近所のお店で同僚とランチ。
14:30管理・実務と平行して、各セクションとの打ち合わせ。隣席の上司とはこまめに意見交換する。
21:00翌日のタスクを整理し、退社。

オフの日

オフの日に釣りを楽しんでいる様子

仕事で疲れた目をリラックスさせるために、友人と釣りへ。自然の空気を吸ってゆったり過ごすことで、ストレスも吹き飛ぶ。