仕事を知る

Works

思考を止めず テクロスにとっての 最適解を見つける 存在でありたい

2016年入社 / A.S

マーケティング / 広告・広報担当

早稲田大学社会科学部卒

わたしの仕事

マーケティング部門の広告・広報担当として、広告媒体の運用からイベント企画、ゲームのPVやポータルサイトの制作・進行・運用、グッズ制作ディレクションなど、プロモーション関連を全て行なっています。広告・広報を通じてユーザーの目に留まらせることは大前提ですが、打ち上げ花火的な単純な戦略ではなく、あふれる情報量を精査し、より確度の高い戦略を描けるかが重要。そして、テクロスらしさを加味しながらおもしろさをどうやって上乗せしていくか。他社がやっていないことをできるか。数値はもちろんのこと、SNSなどでもユーザーの反応がダイレクトに返ってくる仕事なので、とても緊張感がありますね。

心に残った仕事

以前、クライアントと協力して『神姫PROJECT』の大規模な交通広告を制作したことですね。山手線やメトロの全車両に中吊り広告を掲出したんですが、日常生活の中で自分たちの作り上げた広告を目にした時は、他では味わえない特別な達成感がありました。ネットの反響もありましたし、採用活動においても成果があり、たくさんの人の目に留まることでテクロスに対する風向きは確実に変わったと思います。テクロスとしても初めての試みだったので、製作期間中は本当に大変で…。Web広告とは違うため、どこに目を向けさせるか、ゲームの魅力をどう落とし込むか、悩みが尽きることはありませんでしたね。その反面、クライアントやデザイナーと何度も意見をぶつけ合いながら進めていく仕事は、とても刺激的だったことを今でも覚えています。

これからの
チャレンジ

ゲーム業界だけに関わらず、あらゆる情報や状況が一変するほど、現代はスピーディに進んでいます。プロモーションの戦略においても常にリフレッシュさせ、効果・検証のサイクルを早め、いかにして先手を打っていけるか。私はクリエイターのようなスペシャリストではないので、より精度の高い情報を集約できる人間として、会社にとっての最適解を見つけ出す存在でありたいですね。そして、絶対に思考は止めないこと。一度は見送りになった戦略も、状況の変化に応じてGOサインが出る時だってあります。情報のアンテナをあらゆる場所に張り巡らせながら、世の中を唸らせるアイデアを生み出し、テクロスに何度でも追い風を吹かせたい。その結果こそが最適解であり、マーケティング業務の醍醐味ですからね。

求める人物像

「これだけは負けない!」と言えるものを必ず持っておいてください。テクロスはオタク集団と言っても過言じゃないほど、コンテンツへの造詣が深いメンバーが集まっています。ゲームだけに限らず、「この分野に関しては絶対に誰よりも詳しい!」という自信は、仕事にも必ず役立ちますし、自信を持って好きなことを語れない人は逆に不向きかもしれません。好きなものへの情熱と、新しいことを吸収できる柔軟な思考を持っている方と、私たちは仕事がしたいと思っています。また、マーケティング部門に限って言えば、とにかく社内外問わずに人と出会うことが多い仕事です。「会話が好き」というのは、立派なストロングポイントになりますね。

スケジュール

資料を熱心に読む写真
10:30出社。各種広告の数値を検証し、次回の広告戦略を立案。
14:00ランチ後、京都の制作チームとテレビ会議。イベント広告の内容などを突き詰める。
16:00クライアントと打ち合わせ後、イベントの企画を立案。
17:00広告代理店とMTG。数値の分析と今後の予算含めた方針決定。
21:00ゲームをプレイし、ゲーム内のイベントをマーケティングスケジュールに反映して調整。それから退社。

オフの日

笑顔でピースをこちらに向ける写真

休日は家で特撮グッズと戯れていることが多いものの、旅行に出かけることも。これは、北海道へ訪れた時のワンショット。