仕事を知る

Works

システムが ユーザーへ与える 影響の大きさを 痛感した

2017年入社 / M.H

プランナー / システムプランナー

京都大学法学部卒

わたしの仕事

現在は新しいオリジナルコンテンツのプロジェクトチームで、システム班のプランナーを担当しています。レベル設計をメインに、数値の面からゲームをどうおもしろくするかを考案する仕事です。単純に【攻撃力=ダメージ】という計算式では数値がインフレしてしまうため、運用後もいかにバランスよく長く楽しんでもらえるかがポイント。どのタイミングでレベルが上がり、その時にどんな企画を出現させることでユーザーがどう感じるか。ただ数値を設計するだけではなく、数値面からユーザーの感情を引き出せるように意識しています。

心に残った仕事

以前、別のコンテンツで自分が設定した新しい効果のアビリティが実装された時のことです。“数値に頼らないもの”という課題を受けて考案したアビリティだったので、実装後はユーザーの評価が気になって仕方ありませんでした。でも、「すごくイイ!」「戦略に組み込んだ!」など、ユーザー間での盛り上がりを知った時は、本当にうれしかったですね。ゲーム内ではたった1つの要素かもしれませんが、それだけでも盛り上がりが左右されるため、自分の仕事がユーザーに与える影響の大きさを改めて実感しました。その反面、マイナス意見を言うユーザーもいらっしゃったので、もっともっと広い視点と深い思考が必要だなと痛感したことを覚えています。

これからの
チャレンジ

ゲームは大好きですが、入社当時はゲーム制作の知識が全くゼロの状態だったんです。イラストレーターやデザイナーの仕事内容への理解が乏しく、仕様書を送り間違えるといったミスもあったほど。そんなミスはもうありませんが、プランナーとして他のセクションの知識もさらに深めておかなければ、自分の考え自体も広がらない。私自身、プランナーはクリエイターと言うよりも、一歩引いて全体を見渡しながら考える立場だと感じているので、現在担当しているプロジェクトでも中心となって先導していきたいですね。ゲーム制作には正解がないからこそ、自分の考えを限りなくアップデートさせていくことが、日々のチャレンジだと思っています。

就活のアドバイス

就活するうえで大切なのは、自分の判断基準を持つことではないでしょうか。例えば、給与なのか、夢なのか、働く場所なのか。私の場合は、好きなことに関われて、なおかつ刺激の多い会社が自分の基準でした。必然的に過ごす時間が長くなる場所だからこそ、判断基準を曖昧にすればするほど、後々の自分につまらなさや憂鬱といったマイナス感情が積もってしまいますからね。でも、実際に入社して思ったのは、自分の判断基準をブレずに持つことの大切さです。就活とは局面も違いますが、業務上のあらゆる場面で判断が求められる仕事なので、自分の判断基準は絶対に切り離せないものであり、常に高めていくものだと実感しています。

スケジュール

仕事中の様子
08:30出社。リーダーが出社するまでに仕様書を仕上げる。
11:00リーダーに仕様書を提出。フィードバックを受けて修正し、昼食へ。
13:30新しいゲームプロジェクトのデイリーミーティング。業務情報の共有と進捗を確認する。
14:30レベル設計を考えながら、仕様書を仕上げていく。
17:30完成した仕様書をリーダーに提出して退社。

オフの日

日本庭園の写真

日本庭園の静謐さと美しさがハマったキッカケ。学生時代から暇を見つけては、京都の庭園をめぐっている。