長岡工業高等専門学校と株式会社テクロス ー 長岡工業高等専門学校学生向け 就職活動ワークショップを開催 ―

 独立行政法人 国立高等専門学校機構 長岡工業高等専門学校(所在地:新潟県長岡市、校長:竹茂 求、以下「長岡高専」)と、テクロス株式会社(代表取締役社長:辻拓也、佐治知範、以下「テクロス」)は、高専生に向けて就職ワークショップを開催しました。

■高専生がもっと自由な人生の選択肢を得るために
 高専生は、在学中に学んでいる分野の専門性の高さや、就職採用活動の情報が不足がちなことから、就職活動の範囲が限定されやすい状況があります。
 実施の背景として、そうした高専生の就職活動に、より多くの選択肢を与え、就職活動と、就職後の人生やキャリアをよく考えられるような情報提供がしたい、という長岡高専の先生方のご協力をいただき、就職ワークショップをテストケースとして実施しました。

 ■長岡高専長部先生よりのコメント
 本校校長の竹茂はキャリア教育に関心を持っています。いままでの長岡高専がキャリア教育に無関心であったわけではありませんが、校長の意思は大きいと思います。
 近年、校長先生の意思で専攻科2年まで継続するキャリア教育の充実が求められています。その一環として、貴社の企画はとても良いタイミングで受け取りました。

 

■企画概要
 就職活動において、自分のことをまず最初に知ってもらい、アピールする場である履歴書・エントリーシート。
 これまで取り組んできたことや、自分の強み、考え方などをしっかりと分析し、整理しておくことで、履歴書やエントリーシートがスムーズに書けるだけではなく、自分にとってどんな企業があっているのかや、就職後にどんな活躍ができるかを考えておくことができます。 
 就職活動のゴールは就職することではありません。社会人になってからも自分らしく、やりがいをもって働けるように、自分らしさを見つける自己分析をしておきましょう。

<セミナーの内容>
・自分に合った会社の選び方
・人事が語る「学生のここを見ている」ポイント
・自己分析のやり方
・ワークシートで自己分析体験

■ワークショップ 開催概要 

開催日時:2019年3月29日(金) 13:00~15:00(2時間)
開催場所:長岡高専 
対象者:就職希望の学生(45名参加) 
内容:履歴書の書き方&自己分析体験ワークショップ

【連絡先】
担当:株式会社テクロス
細波宛て メール: career@techcross.co.jp